思想・価値観のすり合わせの問題

価値観の問題は実のところ一番の重要課題なのではないか、と思うのですがなかなか足を絡ませられていることが多いように感じます

具体的に、漫画で言えば。例えば絵作りに革新をもたらそうと熱意を持って取り組んでも、「いつもどおりで良いよ」を軽く扱われてしまったりするような経験は多いのではないか、と思います

ふと、M.サンデル先生、「自由主義と正義の限界」読んでいて気づいたことがあります

サンデル先生は保守主義側の人だと認識していますが、自由主義者に対してかなり精密に場合分けし観察しています

あれ、自分が知ってる「保守主義」な人とだいぶ違うな…、と

自分が知っている保守主義の人は、変化や革新を嫌い、他人の思考・価値観・思想に無関心でしれっとしていたり一方的に決めつけてくるイメージです

ああ、そうか、考えてみれば自分なんかでもゲームに関しては古くて伝統的なものを好み、革新や変化に強い関心をあんまり持ってません。無関心なものに対しては誰でも「保守主義」なのです

自分が漫画を作る際にも同じことが言えます。
世界観づくりに関しては知識・教養面をできるだけおさえようとします。細かいところまで場合分けして考え、分解・再構築して考えようとします。それらに対してアップデートをしたいからであり、そうしないとアップデートできないからです。一方で仕上げや線画作りの技術に関してはほとんど更新を加えていません。僕は、前者にとっては自由主義であり、後者にとっては保守主義なのです

これはつまり、一人の人間も、ある領域分野にたいしては自由主義で革新的なのに対し、別の分野では保守主義ということです

難しいのは、複数の人間…、例えば二人であったり、或いはもっと大きな人数でのプロジェクトの場合。
「何に対して自由主義」的なアプローチを認め、「何に対しては保守主義」的なアプローチをするかは皆で上手く調整する必要があるということです。
そうでないと、革新をもたらそうと考えている人(そこだけは譲れないと考えている人)と保守的な人(そこだけは変えたくない人)で争いが起きてしまいます

経験上そういったケースで、対話や論争だけでつつが無く収まることは無いように思います
特に時間が限られている場合は、早期の解決よりもチームの崩壊が先に訪れていました

このすり合わせはダイヤル式のロックのようなイメージです
「革新」はどれか0から9までの数字のうちのどれか一つの数字だけ、揃えないと鍵は開かない。
もし、二人ならそれは二桁なので、比較的難しくない
しかし、数十人となれば数十桁のダイヤル合わせ、鍵が開く日は気が遠くなるほど遠く、
さらに疎通が悪い相手ならもう匙を投げたくなります

誰でもウェルカムな漫画志望者のコミュニティ、連載が決まったのでとりあえず頭数だけ多くなるよう揃えるようにアシスタントを雇ったりする漫画家の職場、価値観もまるで合わないのにとりあえず沢山作家をぶら下げておこうとする編集者…、自分からすればどれも桁数の多いダイヤル式ロックです。
(と言ってもこういった場合の実際は、争いを避けるようにとひたすら無難に保守的に、しれっとした人間関係が構築されていくのが相場ではあるようです)

もし、新しいことをやりたい、というならば、最初はできるだけ近しい価値観を持ち、革新しようとしている目的についても意見の合う人で組む必要はあるように思います。
そして、あまりむやみに関係する人の数を増やそうとしないこと

漫画なら漫画家と読者、あるいはクライアントで2,3人がまずミニマムでしょうか

でもなにより、価値観の話ができる必要があることは間違いありません

創作とWEBの関係

昨今、よくお世話になっているのが支援サービスのFANBOXと個人案件サービスのSKIMA、創作の力になってくれてます

コンパクトなWEBアプリであり大規模なものでないことは、同等の(旧)ENTYやskebが一人で開発・運営されていたことからも想像できます

個人での開発でそれだけのことがなされることについて最近考えていました

規模の大きな会社やスタートアップがこういったプラットフォームを作ることに目もくれなかったり、力を入れてこなかったのは何故だろう?、と

支援も個人案件も、突き詰めて言えば読者(消費者)と制作者(生産者)をかなり短い距離でつなぐだけです。欲しい物をほしいと伝え、作る人が作る。わかりやすいですしシンプルです

SNSのようなスキームであれば、作品を提供する側はたくさんのフォロワーを集めてPVを稼ぎ、それ故に相当に設定値の低い広告収入を得る努力をしなければならない、視聴者・読者も見たくない広告が表示される、トラフィックも重いです。会社のほうも開発する人数もお金も沢山かかります

「会社と屏風は大きすぎると倒れる」、とは言いますが、大きな屏風を立てようとして倒れてしまった人たちは、振り返ってみると自分を大きく見せたかっただけで生産者も消費者のこともあまり関心がなかったのかもしれないな、と考えています

これから先、もっと様々な創作者をサポートする「小さな、しかし強力なWEBアプリ」というのがどんどん出てくるようにおもいます、支援や個人案件以外に

また、このことは大人数でやる企業の事業が、個人(や少人数)がクラウドに立ち上げた「小さくて強力なWEBアプリ」に置き換わっていくことを意味すると思います、それで問題がないならば。
AIやロボットが仕事を奪う、という話は昨今よく話にでますが、クラウドの発展はもっと現実的に着実にそれを行っていくのではないか、と想像しています

アナログ作業環境とデジタル作業環境のいま

作画作業環境をデジタルに移行しようとしたのが多分5年くらい前、フルデジタルにしようと考えた時期もあったけど、結局紆余曲折を経てかなりの割合をアナログに戻してしまった

それもだいぶ落ち着いたのでちょっと記事に書いておこうかと

現状、デジタル作業のうち、PC+液タブの環境がこちら
主に彩色と写植などの作業がここでやっています

アナログ作業のデスク
主にシナリオの作成はmackbook、線画はipadpro(右)、作画の下絵やラフ作業が鉛筆

12インチのmacbookを使うのは軽くて持ち運びやすいから
結局の所執筆作業で一番面倒なのは調べ物であり、図書館まで持っていくことを考えるとこのあたりに落ち着いてる

作画にあって一番の課題は資料、左半分の板には紙で描いたラフ、右のタブレットにはブラウザ経由で表示する資料を映します

いろんな道具が混在しているのは、高価でない道具を組み合わせたほうが結局は柔軟で安くすむということ、各々の短所を妥協しきれないから(液タブは画面が広々としているが持ちは運べない・画面が広いため視差が厳しい)

とりわけ重視しているのは柔軟さで、どちらかというとメーカーの都合で変なアップデートをされたくないという理由が大きいし、世の中の変化に対応しやすい

これから先、大きな変化はもうあまりなさそうだと考えているけど、どうだろうか

依頼絵ふじこさん 3回目

SKIMAの依頼にて継続していただいています
不二子さん3枚になりました

額に飾っていただき、大事にされていてとても嬉しい限りです
1枚絵依頼もこうして活用させていただけると大きいですね

これからも頑張ります

コミッション鉛筆漫画について

SKIMAで好評頂いているコミッション商品。おかげさまでかなりの方に依頼を頂いています

ありがたいのは依頼者の方が積極的に欲求(性癖)ぶつけてくれるので、安心して描ける、ということです

欲しがられているものを作る、なんて当たり前のことを言っているように思うかもしれないのですが、商業案件となると「大人の事情」で一体誰に向けて作ってるんだかよくわからないものになることが少なくありません。真面目に作っているような人でも複数人の利害や政治がからむと訳がわからないところに着地してしまうことが結構あるのです。真面目でない悪い人となると、内容とタイトルが一致しない「看板に偽りあり」を強要・忖度されるケースもあります

また、金銭に関しても、工数的に無理筋なものについての折り合いをつける話も問題なく決着がつくように感じます。買いたたきみたいな話は一度もありません

そこまで安定していると、商業のクライアントってなんだろう?と考えてしまうこともあります。僕自身の主観となってしまいますが、企業の名の下と個人とでは、同じ善性を持った人間でも立ち振る舞いが大きく変わってしまうのかもしれないな、と考えています

それほどに良いと感じている個人の案件も、大儲けができるとは考えていなくて、ひとえに癒やしになっていると感じています

今年前半は怒涛のように案件をこなしているのですが、これというのもコロナ禍の影響でイベントが消え、その分がこっちに依頼という形で飛んできてるのではないか、と考えています

ですので、即売会が再稼働してきたらきっとちょっと個人案件依頼も落ち着くのでは‥と思っていたのですが、なかなか感染者数もどんどん増えていっているのでどうなるやら相変わらず予想ができない日々です

憧れのシリーズの予定

学祭編の途中からFANBOX連載形式で進めています憧れの女学祭編
同人誌版は8月か9月に#9を出す予定でいます
その後ちょっと間を置く形でDL版は#7-9セットで出す予定です

学祭編のお話としては#11あたりでひとまず完結の計画です
たぶんあまり伸びないかな、と

その後はFANBOX側で特に「○○編」とつけずに憧れの女は連載形式で継続していき、
同人誌版やDL版で本にまとめる際にのみ「□□編」として銘打って出すというふうにしようかな、と考えています

これは学祭編が同人誌としてやるにはあまりに大きな枠にしすぎたことや、もっとローカルで身近なネタをやりたいという思い等の反省から、またこういった長編形式が単品DL・書店委託販売よりもFANBOXに根ざしていく方がよいという手応えを感じてきてるからでもあります(単品販売を無くすわけではないのですが)

まぁ、ちょっと先の話ではありますが、計画まで

2020年の即売会

おそらく年内は、都内では大きな規模のものは開催されなそうな同人誌即売会

現状はコミッションとFANBOXがその代替として動いてってる感じです

元々はFANBOXは支援に加え、擬似的にサブスク購読可能な状態を作ろうとしていたところがありますが、即売会が自粛してるため同人制作作品を提供する場になりかわっていきそうな思いがあります
(単品DL販売もありますがギャンブル性が高いため、積極的に利用する意思はありません)

FANBOXでの作品提供は、東方一般向け漫画が(6-8Pを)月3回、オリジナル作の「憧れの女」漫画が(8-12P)月1回とちょっとずつ増やしていっています。これらはまとまり次第本に出していきますが、即売会がないのですね。即売会がないと委託もあまり盛り上がらないのかな、という気がしていてうーんどうしたものか、という感触

一方のコミッションは活発な印象はあり、ひょっとしたらこれはこれでイベントの代替の感覚で皆に使われているのかもしれない、と思うことがあります
言葉のやり取りのある依頼は、即売会で列をなして本を買うよりも、密なコミュニケーションが楽しい感じなのかも

ひとまず、同人作品についてはFANBOXのほうを、一つお願いします

今のWEBについて考えること

前回と前々回のブログ記事では、すこしWEBに対して冷たい内容を書いたとおもっています。それは今まで過熱気味だった期待に対して冷静になったことについても、自分の立場を示す意味で書いたつもりです。

しかし、必ずしもWEB分野で残念なことばかりでない潮流も起きてきてると実感があると思っています。

自分がWEBに残念だと思っていることの最たるものは所謂「フォロワー数」に期待する考え方です。広告収入が期待できるyoutubeのようなものなら、フォロワー数やPV数は直接収入と相関するので期待できますが、twitterやpixivなどのSNSでの漫画の公開はそうはいきません。

1フォロワーを増やす(RTやfavに期待する)
2フォロワー数を書店や編集者が期待する
3店頭に並べられたものやバナー広告で見た人が購入する
という「3段クルーン」を抜けていかなければならないのです。

1の段階だけではお金は回収できませんから、タダ働き状態を続けた結果資金が尽きて倒れる、という状況が起きてきてしまいます。RTでは支援にはならないのです、現実的には。大多数のひとがおそらくここで倒れています。

しかし、一定のユーザや書店担当者からすれば、「とりあえず数字だけをみていればいい」という判断ができることは「効率的」ではあります。出版不況下で、優秀な人材が書店や編集をやりたいと考える状況は難しくなってくるということを考えると、数字だけ見て判断できればよい、というフローが求められるというのは仕方ないところなのかもしれません。
ごく一部ではありますが、ランキング上位・壁サークル・フォロワー数の多い人の作品だけを消費していればいい、という思想の消費者の人が居ることも知っています(そういう人とは僕はあまり仲良くできないのですが)

僕自身、5年前くらいはこの思いに絶望していた時期もありました

そんななか、FANBOXのような支援やSKIMAなどの個人案件など「送金」を基点としたシステムがライトを浴びるようになったのは何故だろうか、考えていました。

結局これは、「取引」の再構築なのだと考えています

例えば、「水」に関する取引について考えてみます
水の豊かな地域から水不足の村に向けて水を売りに行く商人がいるとします
商人は水源の主から水を買い、バケツで運んで行き、村人に水を売ります
やがて商人は水を馬や車を入手して、運んで効率化するようになります
馬や車のコスト以上に水が売れれば儲けになります
今度は商人は資金を調達して水道を建設します
商人は水を運んでいたときよりもっと大きな稼ぎを得ることになります

これはつまり商売のアップデートの歴史(ヒストリー)です

残念なことに、必ずしもアップデートは、生産者と商人と消費者の全員が幸せになるように進んでいくとは限りません
大きな商売はときに商人の権利の巨大化を生み、腐敗することがあります
つまり「悪いアップデート」です
商人が不合理なほどに水の値段を高騰させ、水源の主からは安く買い叩く、という形で利益をふやそうと「取引をアップデート」する、といったもの
(富裕な土地所有貴族と貧しい農奴の関係はほんの100年前の時代にも見受けられます)

その場合に村人や水源の主は、最初の「バケツの取引」にヒストリーを戻すことは可能でしょうか?

支援や個人案件で起きていることは漫画やイラストの取引を「バケツの取引」にまでヒストリーを戻して、やり直していくことなのだろうと僕は考えています。

個人案件や支援のシステムを作っている人たちもまた、WEBの人たちです
僕自身は、巨大な利益を目指すスキームを掲げて資金を集めてWEBの事業を始めて転んだ人たちを知っています。彼らは「水道」を作ろうとしていました。遥か高みの世界だけをめざしていましたが、生産者や消費者の気持ちはあまり考えていなかったようにみえました。

一方で、「バケツの取引」のWEBサービスで成果をあげている人も知っています。(漫画やイラストに関するものでないのが残念ですが)
彼はたったひとりでプログラミングも未経験から4月ほどのスキルだけの持ち主でした。流行りのAIやブロックチェーンやWEBフレームワークになどにも関心を持たず、取引の本質に集中しているようでした。最近の技術、という意味ではクラウドプラットフォームと送金は使っている、というところでしょうか

WEBについて、足元を見ない人たちには僕は悲観的ですが、こういった人たちには強く期待もしています