SNSとの付き合い方

いまとなっては使うべくして使ってるtwitter。
自分としては、こう考えて付き合っている、ってところを書いておこうと思い、書くことにしました。

自分が信じていないSNSに対する知見
+ フォロワーを増やせば本が売れる
+ NG (ミュートやブロック)はしてはいけない
+ アカウントと活動クラスタはひとつに絞る

色々と考え方はあると思います。ポジショントーク半分で無責任にコンサルトークしてる人もいると思います(「こうやればフォロワーが増える!」といった記事を書いてるブロガーとか)。
が、敢えて言います。自分はこのあたりのことは信用してないです。

WEBのバックエンドにあるものは基本的にデータベースであり、ユーザーが欲しいデータを「必要最小限」返すのが本来のあり方です。しかし、実際はいろんなノイズが混じるようになっています。ECサイトは少しマシですが、SNSはわざと要らない情報が混じるように仕向けているところがあるのです。そのほうが「たくさんデータがあって、盛り上がってるようにみえる」から。

そのため、twitterをはじめとした諸々のSNSはレスポンスから要らないものを除外する機能は不十分に作られています。除外(exclude)と名付ければいいところを、あえて妨害(block)とか消音(mute)といった風に名付けているので、NGを使う側も、あたかも「それはしては気まずいことなのでは?」、と思わせるようにしむけている面もあると思います。

データベースからのレスポンスがノイズ混じりで膨大だと、その中から「自分がほしい」情報を探すのに苦しくなります。そしてだんだん、頭がぼんやりしてきて中毒気味になっていきます。そうして、サイトの「滞在時間」は伸びます

自身がやりたいと思っていた創作の活動そのものも低下していく、という状況になるのは応援してくれている人に対しては裏切りではないでしょうか

なので、まず第一にはNG機能は気にせずに使うようにしています。
気に入っている人でも、今は耳を傾ける余裕がないのでミュートすることもあると考えています。もちろん、危険思想な人や自分にとっては害がある人ならブロックもためらわないです。そしてなりにより、誤認してブロックしてしまったとしても、「メールがうっかり迷惑メールフォルダに入れられた」ようなものだと考えています。

NG行為を否定しない理由はこういったところです

創作活動をしてる人なら、そんなことをしていたらフォローもRTもしてくれないし宣伝にならないじゃないか、と言う人もいると思います。

しかし、書店の人の話を聞くに、フォロワーやfav数と売上にはほとんど相関がないことわかっています。

それでも敢えて、「販促する気はないのでSNSで自分で宣伝してね」という編集者や、「あてにならないのは分かっているがフォロワー数に従って発注を多めにする、売れなかったら返本すればいいだけ」という姿勢の書店の人もいるようです。

僕自身はこういった方達を信用しません。
彼らの言葉を信じて、仮に当たったとしても、単に確率の低いギャンブルが当たったに過ぎないと考えています。
なにより、全ての人がそういう姿勢でないこともわかってもいますので信頼できる人と組むことを優先するだけです。

フォロワー数を信じていない理由はこのようなところです

発言の内容を活動クラスタに絞るのは、先に書いたデータベースの不便を発信者側が埋め合わせするものだと考えます。つまり、彼らが必要としない情報は発信しない。無節操に範囲を広げるべきだとは思いませんが、政治的発言を控える、とか趣味の話をしないとかいったレベルでフォローしてる側に気を使うというのはさすがに行き過ぎだと考えます。

そこまで気をつかうのは、イベント会場のような場所だけでいいだろうと言うのが自分の考え方です

性癖、商業と個人案件

性癖というは基本的に100人いれば100種はあると言えるくらい、個人間でばらばらなものだと考えています

一方で100人が100人、「いいね」と言う様なメジャーなものもあります

そう考えると、商業のエロってなんだったのだろうか?、と最近考えていました

個人の案件は明確です。1万とか2万とか払って、自分のためのニッチな性癖を満たしてもらう、1枚の絵に

これが商業の、となると1万部くらい刷って1万人の性癖を満たす。一人が払うお金は200Pの漫画に、1000円支払い、作家の手元には印税と原稿料200P分程、1Pの原稿はいくらになるか…、まぁ金額の話はひとまず置いておきます

前者は「100人に一人」のニッチ性癖、後者は「100人が100人」のメジャー性癖

ITの発展で送金システムが普及したおかげで「100人に一人」の方が伸びてきた、と考えています。

メリットは多くあります。
回収失敗する可能性が低いこと、中間業者の不正に遭う可能性が低いこと、買い手の要求がよく伝わってくると言うこと、etc…

また、メジャー性癖の担い手は総じて画力で戦っている人がほとんどという傾向もあります。10年前くらいなら一般商業のクオリティの高い作画のアシスタント経験者・漫画化志望者が、それだけで食えなくてエロに流れてきたパターン。最近でなら、ソシャゲバブルがはじけて、イラストだけで食えなくなったイラストレーター。

要するに他所で作画技術と画力を鍛えてきた人が、「100人が100人の性癖」を勉強して作る、という流れが一つのパターンになっていると考えています。これが逆に、メジャー性癖を戦いたいので画力を鍛えよう、とはなかなかモチベの上がる話ではない様に思います

個人案件は、エロは好きだが画力にコミットしたいわけではないとかキャリアに残したくない人には良い選択だと考えています

緊急事態宣言

出ましたね…

1ヶ月

内容的には、自分の生活はあまり変わりなさそうですが

長引いたらまた違ったかもしれませんがとりあえず一月の間は、あまり変わらず過ごしそうです。

とりあえず、FANBOXを基点としての同人誌作り、憧れの女と裏社会はそのままのペースになりそうです。過去作再掲は、暇な人も増えると想定して1ヶ月の間少しペース上げて増やします

SKIMAの個人案件は流石に減るかなぁ…

普段だったらやれない古典的なこととか勉強しなおしたくて、統計学とかやろうと思ってます。さらに時間があるなら他も何か。今風の技術に追いつけ的なことは、今はいいかな、世の中が停滞しているわけですしね

あと、次の作品の準備も

近況など

コロナ騒ぎで本当先々のことを考えるのが難しいこの頃です

今年は即売会などに力を入れようと考えていた矢先だっただけに

そういうこともあって、ひとまずはFANBOXと個人案件での活動ということになっていきそうです

即売会は半年か、下手をすると1年向こうまで不透明な感じで、今は一旦そちらのことは考えない方向でいます。同人誌は委託販売のものは準備するように考えています。ちょっとマイペースな感じになりそうですが

個人活動ばかりにしたくないな、とも思っているので、これから商業誌仕事として何か持ち込むか、別の方向の仕事をやるか、がひとまずの課題ではあります

コロナウィルスの影響を受けて・例大祭辞退

政府方針発表もあり、世界的な流行のフェイズに入ったこともあり日増しに存在感が強くなってきました

春の静岡ツインメッセで行われる例大祭については参加辞退を連絡を入れました

今年はイベント大事にしていこうと考えていた矢先なので残念ではあるのですが、収束の見込みも見えず、今から考えて3月下旬はかなり微妙な日程だったので(ワンチャンあるかも、とは思いましたが)参加辞退ということにしました

4・5月以降がどうなっているかもまだ分かりませんが、今はひとまずネットに腰を据えたバーチャルな活動をする時期ということにします
FANBOXを通じての作品提供、SKIMAを中心とした個人案件活動は今まで通り
武蔵野プレイスでの絵会は3月は中止にしましたが、回数など調整していくつもりです

加えて何かできないかな、と考えています

学びの計画

最近考えてることが何かを勉強することの「計画」立て

絵や漫画に限らず、いろんなアイデアや新しい技術が提供され続けていて、学びの効率も上がっているとはいえ、簡単じゃないな、と思ってもいます

僕自身は学びの場、個人やe-learning じゃなく複数人での教室みたいな場所は人のつながりを作る場でもあると思っていて、そうするとその教室にいる時間は学ぶことだけに使えない、と言うことになります

また、「成り行きで勉強」しないってことも大事だと思う
SNSのタイムラインを眺めていると、これも学ばなきゃ、あれも学ばなきゃ取り残されてしまう、みたいな感じることがあるのですが、そう言うのに引っ掛かるとあっという間にリソースが足りなくなってしまう
とっさに取捨選択の判断するのも、経験の浅い領域にあっては難しい

予習とか復習というものも、義務教育科課程の教室ではそこまでありがたみがないと思っていましたが、勉強の計画では重要なことになってくる気がします

勉強の計画を立てる、としたらどういったことが必要なんだろう?と


統計・データと絵

割と最近は統計とデータについて考えていることが多いです

ネットを使っているとたくさんのデータに出会います。僕らが使っているWEB と言うものは概ねバックエンドにDBが居て、データベースの情報を装飾された状態で見ているようなものです。そのような環境下、僕らはかなり簡単に、たくさんのデータにアクセスできるのですが、一つの疑問が生まれてきます

「データはどれだけ必要か?」

もっと絵描きにとって具体的な質問に言い換えるなら、

「資料はどれだけ必要か?」

「フォロワーはどれだけ居れば、絵で食っていけるのか?本当にフォロワーを増やすことに意味があるのか?」

「日々、SNSに作品を投下するならどれくらいの頻度で、どれくらいの工数の作品であればいいのか?」

「自分がフォローするならどれくらいがいいのか?」

多分、ほとんどの人は「自分のリソースの許す限り活動する」でラインを引いていると思います。自分が捻出できる時間とか、お金に余裕がある分で、とかで。
しかし、それが妥当かを検討できる手段を持っている人は逆にほとんどいないように思うのです。統計学には、どれだけのデータを集めれば有意性を保てるのかを計算する手法があります。

(おそらく)スマホが流行る少し前まで、そこまで作品の供給量はそこまでではなかったように思います。ですから、生産量・効率に勝る人は割と簡単に有利に立てました。でも今はそうでもなさそうです。

「君はまだあまり絵を描いてない、もっと描け、手を動かせ」

「一体どれくらい?」

10年くらい前は、自分は自動化による効率化、連絡手段の効率化が必要、と考えていました。それをもたらす手段はプログラミングやコンピューティングでした。
今はそれが数学になりつつあるように思っています。

ちなみに、先の質問に対してなら、自分はこう答えます

「1日10分でいいから毎日、乗って来たら増やしてもいい。それを最低でも3ヶ月は続ける」

と。(ただしこれは、自分の経験則からです)

今年のこと

去年はひとえに「個人」がテーマになっていました
商業的な仕事もやってはいましたが
コミッションをはじめとするコミッション、FANBOX等の支援

同人関係はFANBOXやこれらの個人案件系を支えにしつつやっていくつもりで憧れの女と東方の作品作りは多めにしていこうと思います

ひとまずそちらの方が落ち着いた頃にまた商業仕事を多く加えていくという方向で

今の時期は営業にはいい時期ということもあり、色々と考えているのですがあんまりうまく纏まっていなかったり。あまりゆっくりもしてられないのではありますが

個人案件系で公開自由となっている作品は主にpxivに上げていく方針です(濃い方面のものはニジエに)。同人関係はpixivFANBOXか同人誌。
pixiv多いですね…